Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware vCenter Server」に反射型XSSの脆弱性

「VMware vCenter Server」の一部バージョンに、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性に対応したアップデートが提供されている。

「vSphere Web Client」において、Flashパラメーターインジェクション(FPI)による反射型クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2016-2078」が含まれていることが判明したもの。「vCenter Server 6.0」「同5.5」「同5.1」のWindows版が影響を受ける。Linux版は含まれない。

VMwareでは、最新版となる「vCenter Server 6.0 update 2」「同5.5 update 3d」「同5.1 update 3d」の提供を開始している。

(Security NEXT - 2016/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正