Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ImageTragick」実証コードの検証結果を公表 - JPCERT/CC

「ImageMagick」に任意のコマンドが実行される深刻な脆弱性「ImageTragick」が見つかった問題で、JPCERTコーディネーションセンターが検証結果を公表し、注意を呼びかけている。

問題の脆弱性は、リモートよりコマンドの実行が可能となる「CVE-2016-3714」。開発者は、アップデート「同7.0.1-1」「同6.9.3-10」を公開している。

同センターによれば、公開されている実証コードを検証したところ、旧版において「ImageMagick」の実行権限で任意のOSコマンドを実行できることを確認したという。また最新版となる「同7.0.1-1」「同6.9.3-10」では、実証コードが機能しないことを確認した。

また「CVE-2016-3714」とともに判明した「CVE-2016-3715」「CVE-2016-3716」「CVE-2016-3717」「CVE-2016-3718」に関しては、アップデートとともに設定ファイルによる緩和策をあわせて講じる必要があると指摘。

同センターでは、ウェブアプリなどで「ImageTragick」を利用している場合に影響を受ける可能性があるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応