Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FireEye as a Service」が日本語対応 - 都内に対応センター設置

ファイア・アイは、セキュリティ上の脅威を監視、分析するサービス「FireEye as a Service」を国内向けに提供開始した。

同サービスは、同社インテリジェンスを活用し、ネットワークとエンドポイントにおける巧妙なサイバー攻撃の兆候を監視、分析するもの。検知から侵害発生時の対応まで対応し、マネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)と連携してサービスを展開していく。

国内向けサービスの展開にあたり、同社では世界で6番目にあたるオペレーションセンター「Advanced Threat Response Center(ATRC)」を都内に設置。国内利用者の状況や要望に応じたサービスの提供が可能になったという。

また日本人がフォレンジック調査や、現状調査、アドバイスなどを担当するほか、侵害レポートやポータル、サポートセンターを日本語で提供する。

(Security NEXT - 2016/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント