Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「りそな銀行」利用者狙う「こんにちは!フィッシング」が再び

「りそな銀行」を狙ったフィッシング攻撃について報告を受けたフィッシング対策協議会では、利用者へ注意を呼びかけている。

今回確認されたフィッシングサイト
今回確認されたフィッシングサイト

同行のログインページを模した偽サイトが設置されており、「りそな銀行メールアドレスの確認」「りそな銀行重要なお知らせ」「りそな銀行本人認証サービス」といった件名のフィッシングメールによる誘導が行われているもの。

メールの本文では、「システムの安全性を更新した」などと説明。認証が必要などと騙す手口で、アカウントの「凍結」や「休眠」などで不安を煽り、偽サイトへアクセスさせようとしていた。

フィッシングサイトは3月31日の時点で稼働が確認されており、テイクダウンに向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。オンラインバンキング利用者へ類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

音楽配信サービス「Spotify」のフィッシング攻撃が発生中
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加