Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテックの「SEP 12.1」に3件の脆弱性 - アップデートが公開

「Symantec Endpoint Protection(SEP) 12.1」に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。悪用は確認されていないという。

「Symantec Endpoint Protection Manager」において、「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2015-8152」や、「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2015-8153」が判明したもの。

またクライアントにおいて、「ADC(Application and Device Control)」にセキュリティのバイパス「CVE-2015-8154」が存在。いずれも悪用は確認されていないという。

同社では修正版として「同12.1-RU6-MP4」を公開した。脆弱性へ対処するため、できる限り早くアップデートを実施するようユーザーへアナウンスしている。

(Security NEXT - 2016/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper