Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ドラクエX」のフィッシングメールが発生 - 偽サイトも稼働中

スクウェア・エニックスが提供するオンラインゲーム「ドラゴンクエストX」を装ったフィッシング攻撃が発生している。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20160309_ap_001.jpg
確認されたフィッシングメール(画像:フィ対協)

問題のメールでは、「アカウントの接続環境が変化した、もしくは不審なアクセスを検知したため、ログインが制限されました」などと説明。「セキュリティ対策とパスワードの再検証を行ってください」と騙して偽サイトへ誘導し、アカウント情報を詐取する。

誘導先のフィッシングサイトは稼働しており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。注意を喚起するとともに、類似したフィッシング攻撃を見かけた場合は、情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を