Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

QNAP製デジタルサイネージソフトに複数の脆弱性

QNAPが提供するNAS向けデジタルサイネージソフトウェア「QNAP Signage Station」および「iArtist Lite」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

管理者権限を持たないユーザーによってファイルをアップロードされ、実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2015-6022」をはじめ、認証回避の脆弱性「CVE-2015-6036」、認証情報がハードコードされている問題「CVE-2015-7261」など、あわせて4件の脆弱性が存在するという。

セキュリティ機関では、脆弱性が修正されている「Signage Station 2.0.1」「Artist Lite 1.4.54」へできる限り早くアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性