Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横河レンタ、PC上にデータを保存しないソリューションの新版

横河レンタ・リースは、パソコン上へデータを保存しない「Flex Work Place Passage」の最新版を提供開始した。

同ソリューションは、すべてのデータを外部のクラウドやファイルサーバに保存することで、パソコンのローカル環境へデータを保存しない環境を実現するもの。

最新版となる「同Ver.2.0」では、OS領域の隔離を実現。ユーザーによる通常操作だけでなく、不正プログラムによるローカルHDDへのデータ書き込みを禁止できる。ローカルハードディスクに保存が必要なデータについては暗号化で保護する。

買い取りライセンスの価格は、ベースライセンスが1顧客あたり37万4000円。ユーザーライセンスが1ユーザーあたり1万2000円。レンタルライセンスは1ユーザーあたり月額780円。同社では、2017年度までの3年間に5万ユーザーの導入を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2016/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」