Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横河レンタ、PC上にデータを保存しないソリューションの新版

横河レンタ・リースは、パソコン上へデータを保存しない「Flex Work Place Passage」の最新版を提供開始した。

同ソリューションは、すべてのデータを外部のクラウドやファイルサーバに保存することで、パソコンのローカル環境へデータを保存しない環境を実現するもの。

最新版となる「同Ver.2.0」では、OS領域の隔離を実現。ユーザーによる通常操作だけでなく、不正プログラムによるローカルHDDへのデータ書き込みを禁止できる。ローカルハードディスクに保存が必要なデータについては暗号化で保護する。

買い取りライセンスの価格は、ベースライセンスが1顧客あたり37万4000円。ユーザーライセンスが1ユーザーあたり1万2000円。レンタルライセンスは1ユーザーあたり月額780円。同社では、2017年度までの3年間に5万ユーザーの導入を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2016/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク
クラファンで別人に商品や通知メールを配送
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
千葉県自治体情報セキュリティクラウドで一時障害 - 2カ月連続で発生
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト