Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Oracle Outside In」の脆弱性に注意 - Oracle以外の製品にも影響

Oracleは、1月に公開した「クリティカルパッチアップデート(CPU)」で「Oracle Outside In」の脆弱性を修正した。同ソフトは他ベンダー製品でも広く利用されており、注意が必要だ。

「Oracle Outside In」は、500種類以上のファイル形式に対応しているファイルフォーマットを変換するためのソフトウェア開発キット(SDK)。

「同8.5.2」および以前のバージョンにおいて、「wk4ファイル」の取り扱いに脆弱性「CVE-2015-6013」が含まれるほか、「docファイル」処理に「CVE-2015-6014」、「Paradox DBファイル」の処理に「CVE-2015-6015」が存在。細工されたファイルを開くと、バッファオーバーフローが発生し、リモートよりコードを実行されるおそれがある。

CERT/CCでは、脆弱性の影響を受ける製品の例として、「Oracle Fusion Middleware」のほか、「Microsoft Exchange」「Google Search Appliance」「Guidance Encase Forensics」「AccessData FTK」「Novell Groupwise」を挙げているほか、Cisco SystemsやMcAfee、IBM、Aviraなどの一部製品も影響を受けるとしている。

CERT/CCでは、CPUの適用を呼びかけるとともに、Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)による緩和策を案内している。

(Security NEXT - 2016/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性