Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セゾンカード利用者を狙ったフィッシングに注意

セゾンカード会員向けウェブサービス「セゾンNetアンサー」をかたるフィッシングメールが確認された。フィッシング対策協議会が注意を喚起している。

問題のメールは「重要:必ずお読みください」という件名で送信されていた。「第三者によるアクセスを確認したため、IDを暫定的に変更した」などと騙して登録し直すよう促す内容で、記載されているリンクで偽サイトへ誘導する。

1月19日の時点でフィッシングサイトは稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターにサイト閉鎖に向けた調査を依頼した。同様のメールはこれまでも定期的に報告されており、今後も引き続き発生する可能性が高い。十分な注意が必要だ。

(Security NEXT - 2016/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減