Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」の修正パッチ、1月12日に公開予定

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」のセキュリティアップデートを米時間1月12日に公開する予定だ。脆弱性に対するゼロデイ攻撃などは確認されていない。

「APSB16-02」として公開する予定で、「Windows」および「Mac OS X」における「同15.009.20077」「同15.006.30097」「同11.0.13」および以前のバージョンが影響を受けるという。

同社は、いずれのプラットフォームも適用優先度を「2」にレーティングする予定。悪用などは確認されておらず、30日以内の適用が推奨される。

(Security NEXT - 2016/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
SonicWall製アプライアンスに脆弱性 - 2020年の修正不備で
「Microsoft Edge」が脆弱性2件を修正 - Chrome修正で言及なかった脆弱性
WordPress向け「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
「EC-CUBE」に2件のXSS脆弱性が判明 - アップデートなど公開
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響