Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidアプリの脆弱性診断サービスが機能強化 - 「Android 6.0」に対応

リスクファインダーは、Androidアプリの脆弱性診断サービス「RiskFinder」の機能強化を行った。

同サービスは、ブラウザからアプリケーションファイルをアップロードすることで利用できるAndroidアプリの脆弱性診断サービス。

最新版として「同 6.0」の提供を開始したもので、ユーザーがパーミッションの許可を個別に選択できるようになった「Android 6.0 Marshmallow」に対応した。

また2000以上のサードパーティー製ライブラリ情報を辞書化して搭載。悪意あるコードや脆弱性などを含むライブラリを検出する機能も追加している。

(Security NEXT - 2015/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Androidアプリのセキュアコーディングガイドに新版 - JSSEC
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.49」を公開 - ゼロデイ脆弱性に対処
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に