Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIND 9にDoS攻撃受ける恐れ - 異常終了する脆弱性が判明

BIND 9に、サービス拒否へ陥る複数の脆弱性が含まれていることがわかった。開発元のInternet Systems Consortium(ISC)やセキュリティ機関では、アップデートを呼びかけている。

今回明らかとなった「CVE-2015-8000」は、不正なDNS応答を拒否する処理に含まれる脆弱性。不正なクラスを持つ応答がキャッシュされ、namedが異常終了するおそれがある。深刻度は「クリティカル」。

キャッシュDNSサーバでは、すべてのバージョンが影響を受ける。権威DNSサーバに関しては、一定条件下で発生するため、影響は限定的だという。またサービス拒否のおそれがある深刻度が「中」の脆弱性「CVE-2015-8461」も判明している。

ISCでは、これら脆弱性を修正した「同9.9.8-P2」「9.10.3-P2」を用意。日本レジストリサービス(JPRS)など関連機関などとともに、最新版へ更新するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ