Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

はまぎん装うフィッシングに注意 - 他行攻撃の文面を使い回し

横浜銀行の利用者を狙うフィッシング攻撃が発生している。11月下旬に発生した住信SBIネット銀行を装うフィッシング攻撃と同様の文面を用いていた。

問題のフィッシングメールは、セキュリティ対策のために更新が必要などと騙し、偽サイトへ誘導するもの。

11月30日に確認された住信SBIネット銀行を装うフィッシング攻撃と同じ文面で、機械翻訳が利用されたとみられる不自然な言い回しが含まれる。

またいずれの攻撃も、誘導先となるフィッシングサイトのサブドメインに、正規サイトのドメインと同じ文字列が入れるなど、ソーシャルエンジニアリングを用いていた。

フィッシング対策協議会によれば、フィッシングサイトの稼働を17時の時点で確認しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、誤って情報を送信しないよう注意を呼びかけるとともに、類似した攻撃について情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
「Evernote」のフィッシングが発生 - メール件名にある「印象筆記」とは
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
新型コロナのワクチン予約に見せかけた悪意あるSMSに注意
AMEXの利用者狙ったフィッシング - 利用確認装う手口
「イオンカード」装うフィッシング攻撃に注意