Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

はまぎん装うフィッシングに注意 - 他行攻撃の文面を使い回し

横浜銀行の利用者を狙うフィッシング攻撃が発生している。11月下旬に発生した住信SBIネット銀行を装うフィッシング攻撃と同様の文面を用いていた。

問題のフィッシングメールは、セキュリティ対策のために更新が必要などと騙し、偽サイトへ誘導するもの。

11月30日に確認された住信SBIネット銀行を装うフィッシング攻撃と同じ文面で、機械翻訳が利用されたとみられる不自然な言い回しが含まれる。

またいずれの攻撃も、誘導先となるフィッシングサイトのサブドメインに、正規サイトのドメインと同じ文字列が入れるなど、ソーシャルエンジニアリングを用いていた。

フィッシング対策協議会によれば、フィッシングサイトの稼働を17時の時点で確認しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、誤って情報を送信しないよう注意を呼びかけるとともに、類似した攻撃について情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
りそな銀装うフィッシング - クレカ情報の入力求める
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
GMOあおぞらネット銀のフィッシング - 「確認しないと利用制限」と不安煽る
フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に