Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

施錠可能で利用状況が一目瞭然のUSBメモリ管理ボックス

コクヨ、USBメモリを一括で保管できるオートロック式の収納ボックス「USBメモリーボックス(キーボックス兼用)」を12月23日に発売する。

20151203_ko_001.jpg

同製品は、USBメモリの一括保管用ボックス。付属の専用キャップとストラップに名札が付いており、これをUSBメモリに装着する。

ボックス内のキーフック部分には色と数字が表示されており、名札の色と数字を合わせて各キーフックに掛けることで、メモリの持ち出し状況を確認できる。

ボックスはオートロック式で、4から8桁の暗証番号で開錠する。USBメモリは最大32本まで収納することが可能。価格は2万9160円。同社では、2300万円の売上を目標に販売を展開していく。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給