Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生対象のセキュリティコンクール、受賞候補作品への意見募集開始

情報処理推進機構(IPA)が主催する「第11回ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」2015の受賞候補作品が決定した。11月17日まで意見募集を行っている。

同コンクールは、若年層における情報セキュリティ対策への意識を高める目的で、2006年から実施しているもの。情報モラルや情報セキュリティの大切さをわかりやすく表現した作品を、学生を対象に「標語部門」「ポスター部門」「4コママンガ」部門に分けて9月7日まで募集した。

今回、受賞候補作が決定したのを受けて、作品についての意見や感想を11月17日まで募集。最優秀作品などの発表は同月19日を予定している。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分