Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生対象のセキュリティコンクール、受賞候補作品への意見募集開始

情報処理推進機構(IPA)が主催する「第11回ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」2015の受賞候補作品が決定した。11月17日まで意見募集を行っている。

同コンクールは、若年層における情報セキュリティ対策への意識を高める目的で、2006年から実施しているもの。情報モラルや情報セキュリティの大切さをわかりやすく表現した作品を、学生を対象に「標語部門」「ポスター部門」「4コママンガ」部門に分けて9月7日まで募集した。

今回、受賞候補作が決定したのを受けて、作品についての意見や感想を11月17日まで募集。最優秀作品などの発表は同月19日を予定している。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める