Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生対象のセキュリティコンクール、受賞候補作品への意見募集開始

情報処理推進機構(IPA)が主催する「第11回ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」2015の受賞候補作品が決定した。11月17日まで意見募集を行っている。

同コンクールは、若年層における情報セキュリティ対策への意識を高める目的で、2006年から実施しているもの。情報モラルや情報セキュリティの大切さをわかりやすく表現した作品を、学生を対象に「標語部門」「ポスター部門」「4コママンガ」部門に分けて9月7日まで募集した。

今回、受賞候補作が決定したのを受けて、作品についての意見や感想を11月17日まで募集。最優秀作品などの発表は同月19日を予定している。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

講座参加者宛メールで誤送信、取消通知でも - 静岡県
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘