Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、「i-FILTER」にeラーニング機能を追加

デジタルアーツは、ウェブフィルタリングソフトの新版「i-FILTER 9.3」を提供開始した。

同ソフトは、不適切なウェブサイトへのアクセスを防止する企業向けウェブフィルタリングソフト。

今回リリースした新版では、eラーニング機能「Test Board」を追加した。1日の最初にインターネットにアクセスする際、セキュリティに関する選択問題を表示。毎日1問を出題し、正解しない場合にアクセスを制限できる。

また同バージョンより、情報通信研究機構(NICT)が提供する脅威URL情報をデータベースに追加したほか、SIEM製品との連携に対応している。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を