Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、「i-FILTER」にeラーニング機能を追加

デジタルアーツは、ウェブフィルタリングソフトの新版「i-FILTER 9.3」を提供開始した。

同ソフトは、不適切なウェブサイトへのアクセスを防止する企業向けウェブフィルタリングソフト。

今回リリースした新版では、eラーニング機能「Test Board」を追加した。1日の最初にインターネットにアクセスする際、セキュリティに関する選択問題を表示。毎日1問を出題し、正解しない場合にアクセスを制限できる。

また同バージョンより、情報通信研究機構(NICT)が提供する脅威URL情報をデータベースに追加したほか、SIEM製品との連携に対応している。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Alto製品の脆弱性を悪用した反射型DoS攻撃が発生
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
フィルタリング製品「i-FILTER」に脆弱性 - 更新して設定変更を
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf