Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MIND、SIEMを活用した標的型攻撃対策サービス

三菱電機インフォメーションネットワークは、SIEMのログ分析によりサイバー攻撃を防止する「標的型攻撃対策サービス」を11月6日より提供開始する。

同サービスは、各種セキュリティログをSIEMで一元管理し、24時間体制で標的型攻撃を監視、インシデント発生時の対応を支援するもの。同社独自の分析ルールだけでなく、三菱電機情報技術総合研究所の研究成果を活用した分析により、検出が難しい標的型攻撃にも対応するとしている。

月額利用料は30万円から。分析対象のログの容量により変動する。導入時の初期費用が別途必要。

(Security NEXT - 2015/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術