Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の伝票綴りを紛失、8月に判明 - 近畿労金

近畿労働金庫は、高砂支店において、顧客情報を含む2015年2月の伝票綴りを一部紛失していたことを明らかにした。

同支店で、8月17日に2014年度分の伝票綴りを箱へ詰める作業をしていたところ、2015年2月19日分の伝票綴りが所在不明であることが判明したもの。紛失した伝票綴りには、個人顧客112件と団体顧客28件の氏名、住所、生年月日、口座番号などが記載されていた。

同金庫では、不要書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明。不正利用なども報告されていないという。対象となる顧客には、個別に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
個人情報3646件含む教育助成金関連書類が所在不明 - 東京都
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市