Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国残留邦人の資料が所在不明に - 厚労省

厚生労働省は、中国残留邦人の一時帰国事業に関する個人情報含む資料を、委託先である中国残留孤児援護基金の職員が紛失したと発表した。

2015年度の第2回中国残留邦人一時帰国事業において、事業を委託している中国残留孤児援護基金の職員が、9月27日の帰宅途中に書類を紛失したもの。

紛失した資料には、一時帰国者15人と介護人15人の氏名や住所、電話番号、生年月日、旅券番号などが記載されていた。また、一時帰国中に訪問を受け入れた親族6人や、一時帰国事業に従事している職員27人の個人情報も含まれる。

28日に警察へ届け出たが、発見されていない。委託先の法人では、対象となる関係者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会