Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先への不正アクセスでメルマガ会員情報が流出 - 伊予鉄高島屋

伊予鉄高島屋は、委託先のウェブサーバに不正アクセスがあり、同社メールマガジン読者のメールアドレスなど1万2345件が外部へ流出している可能性があることを明らかにした。

メールマガジンの配信に利用していたセキのウェブサーバに脆弱性が存在し、SQLインジェクション攻撃により情報が流出した可能性があることが判明したもの。セキでは具体的な社名を公表していないが、受託していた17社の顧客情報が不正アクセスにより流出した可能性があり、調査中であることを公表している

流出した可能性があるのは、メールマガジンの会員情報1万2345件で、メールアドレスのほか性別や誕生年などが含まれる。迷惑メールなどの被害について、現時点では報告を受けていないとしている。

同社では、対象となる会員へ個別に連絡を取っている。また委託先に対して、流出したメールアドレスのモニタリングや流出した個人情報の範囲特定などを要請していく。

(Security NEXT - 2015/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工