Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係者によるSNS招待を偽装したスパムに注意喚起 - 吉本興業

吉本興業は、同社関係者が送信したと見せかけたスパムメールが大量に配信されているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、8月下旬より同社ドメインのメールアドレスを送信元に見せかけたスパムメールが大量に配信されているもの。SNSサービスなどで見られるフォローの申請メールを偽装し、「フォローのリクエストが届いています。承認しますか?」といった件名で送信されていた。

本文には「友達リクエストを申請します」などとして「承認する」と「辞退する」のボタンを配置。受信者にリンクをクリックさせようとしていた。

不正サイトなどへ誘導されるおそれもあることから、同社では、類似したメールを受信した場合、メール本文のリンクにはアクセスせず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
国の行政機関メルマガ、「DMARC」対応1割届かず - 設定不備が4割弱
高知県、職員装うメールに注意喚起 - 拡張子「.xlsm」ファイルを添付
MS、月例パッチを公開 - 「Emotet」「Trickbot」などが悪用したゼロデイ脆弱性を解消
職員用システムに脆弱性、管理者パスワード奪われる - 西宮市
ドレス通販サイトに不正アクセス - クレカやログイン情報流出の可能性