Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 8.4.1」がリリース、脆弱性71件を解消 - 国内専門家の報告にも対応

Appleは、同社スマートデバイス向けにアップデート「iOS 8.4.1」をリリースした。71件におよぶ脆弱性に対応しており、国内専門家が報告した脆弱性も複数含まれる。

20150814_ap_001.jpg
71件の脆弱性が修正された「iOS 8.4.1」

今回のアップデートでは、「WebKit」や「Safari」における複数の脆弱性をはじめ、カーネル、画像やフォント処理、コード署名、サンドボックス、Officeビューワなど、あわせて71件の脆弱性を修正した。エンタープライズ向けアプリが、不正に置き換えられる脆弱性「CVE-2015-5770」も含まれる。

また「WebKit」に関しては、「にしむねあ」のハンドルネームで知られるソニーデジタルネットワークアプリケーションズの西村宗晃氏が報告した3件の脆弱性「CVE-2015-3750」「CVE-2015-3751」「CVE-2015-3752」を修正した。

(Security NEXT - 2015/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応