Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コムスクエア、ログ収集ツール「ログハンター」に有償版

コムスクエアは、ログを収集、保存するツール「ログハンター(LogHunter)」を機能強化した有償版を提供開始した。

同製品は、サーバやネットワーク機器で生成されたログを収集するツール。収集したログは自動で圧縮、暗号化して保存する。

これまで同社では、ログ分割ルールや保存容量など、一部機能を制限した無償版を提供してきたが、制限を解除した有償版を用意。ログ分割のルールを無制限としたほか、エントリーモデルでは200Gバイト、スタンダードでは500Gバイト、アドバンストでは1Tバイトまで保存が可能。保守とサポートも提供する。

初期ライセンスの価格は、エントリーモデルが5万円、スタンダードが10万円。アドバンストが15万円。別途年間保守費用が必要で、それぞれ1万円。2万円、3万円。

(Security NEXT - 2015/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル