Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

合否情報など個人情報入りUSBメモリを紛失 - 大阪府立大

大阪府立大学は、羽曳野キャンパスの事務所内において、入学志願者などの個人情報のべ828件を含むUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

7月8日にUSBメモリを使用しようとしたところ、紛失に気付いたもの。7月6日に職員が事務所内でUSBメモリを使用し、デスクの引き出しに入れていたが、その後の所在がわからないという。デスクの引き出しは施錠されていなかった。

紛失したUSBメモリには、2012年度から2014年度に実施した入学試験の志願者のべ797人の氏名や住所、生年月日、出身校、合否情報のほか、大学院看護学研究科の出願資格認定審査の申請者のべ31人の氏名や出身校、勤務先、研究実績などが保存されていた。

同大学では、対象となる関係者に書面で事情の説明や謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市