Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

合否情報など個人情報入りUSBメモリを紛失 - 大阪府立大

大阪府立大学は、羽曳野キャンパスの事務所内において、入学志願者などの個人情報のべ828件を含むUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

7月8日にUSBメモリを使用しようとしたところ、紛失に気付いたもの。7月6日に職員が事務所内でUSBメモリを使用し、デスクの引き出しに入れていたが、その後の所在がわからないという。デスクの引き出しは施錠されていなかった。

紛失したUSBメモリには、2012年度から2014年度に実施した入学試験の志願者のべ797人の氏名や住所、生年月日、出身校、合否情報のほか、大学院看護学研究科の出願資格認定審査の申請者のべ31人の氏名や出身校、勤務先、研究実績などが保存されていた。

同大学では、対象となる関係者に書面で事情の説明や謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市
患者情報含むデジカメ記録メディアの紛失事故2件が発生 - 東海大病院
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市
業務用PCとスマホを電車内に置き忘れて紛失 - 朝日工業社
移動献血会場の予約者リストを駐車場で紛失 - 日本赤十字社
幼稚園の入園願書など紛失、マイナンバー記載 - 京田辺市
商業施設テナントの従業員情報含むPC、2013年以降に紛失 - 南海電鉄
生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大高等部