Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配達に使用する個人情報1281件を紛失 - 日本郵便

福島県白河市の白河郵便局において、郵便物の配達に使用する個人情報記載の資料が所在不明となっていることがわかった。

郵便物の配達に使用する居住者情報が記載された資料で、531世帯1281人分の氏名と住所が含まれる。7月6日に紛失が判明した。

同社では、不審な電話や郵便物の送付などがあった場合は、郵便局の窓口か「お客様サービス相談センター」の電話窓口に連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似