Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配達に使用する個人情報1281件を紛失 - 日本郵便

福島県白河市の白河郵便局において、郵便物の配達に使用する個人情報記載の資料が所在不明となっていることがわかった。

郵便物の配達に使用する居住者情報が記載された資料で、531世帯1281人分の氏名と住所が含まれる。7月6日に紛失が判明した。

同社では、不審な電話や郵便物の送付などがあった場合は、郵便局の窓口か「お客様サービス相談センター」の電話窓口に連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
DMに誤った住所を記載して発送 - 新日本設備
医療機関で結核接触者健診の受診票が所在不明に - 東京都
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市