Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政、外部への不正通信が判明 - 原因調査へ

日本郵政は、社内のパソコンより外部に対して、異常な通信が行われていたことを明らかにした。原因を調べている。

外部から指摘を受け、6月29日に不正通信が判明したもの。同社において事務に利用しているパソコンから、外部へ意図しない通信が行われていたという。

同社によると、社内からマルウェアは検知されていないという。同社では不正通信が発生した原因について調査、検証を進める。また他システムへの影響はなく、情報漏洩についても確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
楽天装うフィッシング - 「注文を出荷できません」などと不安煽る
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性