Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政、外部への不正通信が判明 - 原因調査へ

日本郵政は、社内のパソコンより外部に対して、異常な通信が行われていたことを明らかにした。原因を調べている。

外部から指摘を受け、6月29日に不正通信が判明したもの。同社において事務に利用しているパソコンから、外部へ意図しない通信が行われていたという。

同社によると、社内からマルウェアは検知されていないという。同社では不正通信が発生した原因について調査、検証を進める。また他システムへの影響はなく、情報漏洩についても確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
鍼灸や医療など複数運営通販サイトで情報流出 - メイプル
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ