Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Symfony」にコードインジェクションの脆弱性 - 修正版が公開

オープンソースのウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」にコードインジェクションの脆弱性「CVE-2015-2308」が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Symfony」を使用するアプリケーションにおいて、「HttpCacheクラス」を利用してリバースプロキシを構築し、その際に「ESIサポート」を有効化している場合、任意のPHPコードを実行されるおそれがあるという。

脆弱性は「同2.0」以降に存在しており、修正版として「同2.6.6」「同2.5.11」「同2.3.27」が提供されている。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの寺田健氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2015/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Shiro」に認証バイパスの脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Cordova」向けカメラプラグインに情報漏洩のおそれ
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Apache Wicket」に脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
RPCフレームワーク「Apache Dubbo」にRCE脆弱性
「Apache Spark」に脆弱性、アップデートがリリース
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性