Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Retrospect」でパスワードが容易に把握される脆弱性

バックアップソフトウェア「Retrospect Backup Client」に脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同製品では、パスワード認証を利用する場合、パスワードをハッシュ化して保存するが、脆弱なハッシュ値を利用する「CVE-2015-2864」が存在するもの。ハッシュ値の衝突により、最大で128回の試行によりパスワードを生成でき、バックアップファイルのデータへアクセスされるおそれがあるという。

Windows版、Linux版では、「同10.0.2」より以前のバージョンが影響を受ける。またMac OS X版では、「同12.0.2」より以前のバージョン。

脆弱性を修正したアップデートが公開されている。またパスワード認証のみ影響があり、公開鍵認証を使用する場合は、影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2015/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性