Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe 、Flash Playerの更新を公開 - 脆弱性18件を解消

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。18件の脆弱性に対処したという。

「Adobe Flash Player」のアップデート
「Adobe Flash Player」のアップデートを公開したAdobe Systems

今回のアップデートは、メモリ破壊やバッファオーバーフロー、型の取り違え、チェックの時間差に起因する「TOCTTOU(Time of Check to Time of Use)」など、18件の脆弱性に対処するもの。悪用された場合、システムの制御を奪われるおそれがある。

同社は「Windows」および「Mac OS X」、「Chrome」や「Internet Explorer」の同梱版に脆弱性を解消した「同17.0.0.188」を提供。最新版を利用できないユーザーに対しては「同13.0.0.289」、「Linux」向けに「同11.2.202.460」を用意した。また、「Adobe AIR」向けに「同17.0.0.172」を提供する。

適用優先度は、「Windows」「Mac OS X」およびブラウザ同梱版については、3段階中もっとも高い「1」に設定。72時間以内のアップデートを呼びかけている。「Linux」および「Adobe AIR ADK」の適用優先度についてはもっとも低い「3」とした。

修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2015-3044
CVE-2015-3077
CVE-2015-3078
CVE-2015-3079
CVE-2015-3080
CVE-2015-3081
CVE-2015-3082
CVE-2015-3083
CVE-2015-3084
CVE-2015-3085
CVE-2015-3086
CVE-2015-3087
CVE-2015-3088
CVE-2015-3089
CVE-2015-3090
CVE-2015-3091
CVE-2015-3092
CVE-2015-3093

(Security NEXT - 2015/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応