Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール共有ソフトの添付ファイル処理にXSSの脆弱性

ラクスが提供するメール共有ソフト「メールディーラー」に脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同11.2.1」および以前のバージョンに、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2015-0915」が含まれている。

添付ファイルにおけるファイル名の処理に問題があり、ウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがあるという。

同社では、脆弱性を解消した新版の提供を開始しており、バージョンアップを呼びかけている。またクラウド版については対応を終えているという。

今回の脆弱性は、ラックの山崎圭吾氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2015/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ