Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でアドレス流出 - 総務省

総務省は、都道府県の事務担当者へメールを送信した際にメールアドレスが漏洩したと発表した。

統計局統計調査部消費統計課においてメールを送信した際に、関係者以外にメールを誤って送信し、メールアドレスが確認できる状態になったという。同省では、メールで関係者に謝罪し、メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2015/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に