Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、ウェアラブルデバイスのセキュリティを検討するTFを発足

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、技術部会デバイスワーキンググループに「ウエアラブルデバイスセキュリティ検討タスクフォース」を設置した。

同組織は、ビジネス分野におけるウェアラブルデバイスの普及を目指し、セキュリティ課題の検討を進めるもので、ウェアラブルデバイスのビジネスに関連するメーカーや、システムインテグレーターなど、広く参画を呼びかけている。同TFに参加するためには、JSSECへの入会が必要。

具体的には、法人などにおいてウェアラブルデバイス利用時におけるリスクへの懸念も出ていることから、ビジネス用途への普及に向け、セキュリティ技術の研究や運用ガイドラインなどの策定に向けて検討を進める。

また個人利用に関しても、今後増加も予想されることから、セキュリティポリシーに関する啓発と情報発信を進めて行きたいとしている。

(Security NEXT - 2015/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
Windows向け「スマートホームスキャナー」に脆弱性 - アップデートが公開
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正