Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSIとAXSEED、クラウド型フィルタリングサービスを開始

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)とAXSEEDは、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「SPPM BizBrowser」を提供開始した。

同サービスは、「Windows」「iOS」「Android」に対応したブラウザアプリと、フィルタリングによりサイト閲覧をクラウド上のプラットフォームから一元管理できるソリューション。

システム管理者は端末利用者ごとに、アクセスログやレポートを確認することが可能。AXSEEDのMDMソリューション「SPPM2.0」から管理コンソールを呼び出すことができる。月額利用料は、250円/台。

(Security NEXT - 2015/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応