Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインセミナー「直伝チャンネル」に不正アクセス、アカウント情報流出か

オンラインセミナーを配信するウェブサイト「直伝チャンネル」が不正アクセスを受け、利用登録者のアカウント情報が流出した可能性のあることがわかった。

サービス運営会社の直伝によると、不正アクセスは2月18日早朝に発生。これにより、利用者が同サイトに登録したメールアドレスやユーザー名、パスワードが流出した可能性があるという。同サイトは現在閉鎖されている。同社のセミナーシステムについては、別のサイトで運営しており影響はないと説明している。

流出したパスワードは暗号化されているが、同一のパスワードを他のサービスでも使用している場合は、念のため変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明