Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立病院で患者情報記載の手術伝票を紛失 - 新潟県

新潟県立中央病院において、患者の個人情報が記載された「手術伝票」の紛失が発生した。

同県によれば、所在がわからなくなっているのは14人分の手術伝票。1月28日に同院職員が伝票を使用しようとしたが見つからず、なくなっていることに気が付いた。1月27日に別の職員が手術伝票をファイルに入れて、事務室内の所定の場所に戻したが、その後の行方がわからない状態だという。

問題のファイルには、手術を受ける患者の氏名や年齢、病名、術式などが記載されていた。関連する手術については、電子カルテから再出力し、予定どおり実施したという。同院では対象となる患者に謝罪を行うとともに、書類の管理方法を見直す方針。

(Security NEXT - 2015/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市