Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性

サイボウズのリモートアクセスソフトにサービス拒否の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、組織外部から同社製品へのリモートアクセス機能を提供する「リモートサービスマネージャー」にサービス拒否の脆弱性「CVE-2014-7266」が含まれているもので、脆弱性を悪用されるとサーバのリソースが枯渇するおそれがあるという。

同社では、2014年4月に「CVE-2014-1983」として脆弱性に対応していたが、対応が不十分でったことから、あらためて修正を実施したもので、修正プログラムを用意している。

脆弱性は、サイボウズがJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同センターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性