Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「標的型攻撃メール」の見分け方を実例で解説 - 「取材依頼」装うケースも

情報処理推進機構(IPA)は、特定の組織や人物を狙い、マルウェアへ感染させる「標的型攻撃メール」の見分け方を解説した資料をウェブサイト上で公開した。無償でダウンロードできる。

今回公開した「標的型攻撃メールの例と見分け方」は、ソーシャルエンジニアリングなどを用いてマルウェアへ感染させる標的型攻撃メールについて、実例をもとに見分け方や対策を解説した資料。被害の低減を目的としており、攻撃の特徴などノウハウを取りまとめた。

標的型攻撃では、受信者が添付ファイルやリンクを開かざる得ない状況へ追い込むなど巧妙な手口が使われるが、そうした攻撃へ事前に気が付くことができるよう、メールのテーマや送信者、本文、添付ファイルなどにおいて注意を払うべき「着眼点」を整理。

さらに2013年秋ごろに多数確認された「取材申込メール」をはじめ、「就職活動の問い合わせメール」「製品の問い合わせメール」「セキュリティに関する注意喚起メール」「注文書送付メール」「アカウント情報の入力を求めるメール」など、具体例を用いて標的型攻撃メールを見分けるためのポイントを解説している。

また、標的型攻撃メールで使われる添付ファイルについて、種類ごとに見分けるポイントや扱い方を示したほか、攻撃メールを受け取った場合の対応などについても説明している。

(Security NEXT - 2015/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows」と「AD」のセキュリティ状況を分析するサービス
都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
米政府、脆弱性「Citrix Bleed」についてガイダンスを公開
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
国内組織狙う標的型攻撃 - 対象製品利用者は侵害有無の確認を