Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーとWiLが新会社設立、スマートロック事業を展開

ソニーとWiLは、共同出資によりスマートロック事業を行う合弁会社「Qrio」を2014年中に設立する。

あらたに設立する「Qrio」は、スマートロック製品の開発や製造、販売、運営サービスを展開。スマートロックでは、ソニーの無線LAN技術や公開鍵認証技術などを活用、スマートホーム領域において、個人や法人向けに事業を展開していく予定。

(Security NEXT - 2014/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
【追記あり】Appleが「iOS 14.2」を公開、脆弱性24件を修正 - 一部に悪用コードも
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ