Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーとWiLが新会社設立、スマートロック事業を展開

ソニーとWiLは、共同出資によりスマートロック事業を行う合弁会社「Qrio」を2014年中に設立する。

あらたに設立する「Qrio」は、スマートロック製品の開発や製造、販売、運営サービスを展開。スマートロックでは、ソニーの無線LAN技術や公開鍵認証技術などを活用、スマートホーム領域において、個人や法人向けに事業を展開していく予定。

(Security NEXT - 2014/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf