Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの一部更新プログラムに不具合 - ハングアップのおそれ

日本マイクロソフトが、12月10日に公開した一部更新プログラムに不具合があることがわかった。インストールすると、システムが停止するおそれがあるという。

同プログラムは、Windows Update経由で配信された「Visual Studio 2012」向け更新プログラムである「KB3002339」。「VS 2012」においてプロジェクトを開いた際、予期しないダイアログボックスが開く問題を修正するために公開された更新プログラムで、脆弱性を修正する「セキュリティ更新プログラム」ではない。

同社によれば、同更新プログラムをインストールするとシステムがハングアップするという。同社は不具合の報告を受け、Windows Update経由の配信を停止するとともに原因を調べている。

また「Windows Server Update Services(WSUS)」経由で、ユーザーに同プログラムを配布している利用者に対し、更新プログラムの配信を停止するよう注意を呼びかけている。

同社では、システムの復元ポイントを使用することで復旧したケースを確認しているが、他の方法についても調査を進めているという。

(Security NEXT - 2014/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress 5.5.2」がリリース - セキュリティ関連で10件の修正
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
ヤフー、ID編集結果を他利用者に反映する不具合 - 情報流出や誤配送のおそれ