Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【緊急予告】MS、一時延期した「MS14-068」を定例外パッチで公開予定

米Microsoftは、定例外のセキュリティ更新プログラムとして、米国時間11月18日に「MS14-068」を公開するとの事前予告を行った。

20141119_ms_001.jpg
公開直前に発表された米MSの事前予告

同プログラムは、Windowsの脆弱性を解消するもので最大深刻度は「緊急」。特に「Windows Server 2003」「Windows Server 2008」「同R2」「Windows Server 2012」「同R2」への影響が大きく、脆弱性が悪用されると特権の昇格が生じるおそれがある。同社は、プログラムの公開後は、できるだけ早くプログラムを適用するよう注意を呼びかけている。

11月の月例セキュリティ更新プログラムとして事前予告されていたが、不具合が見つかったことから公開を延期。リリース日を未定とし、適切なタイミングで公開したいとしていた。

(Security NEXT - 2014/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表