Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JavaScriptライブラリ「Aflax」に脆弱性 - 修正予定なし

Adobe Flash向けのJavaScriptライブラリである「Aflax」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ライブラリには、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2014-5331」が存在。読み込んだブラウザ上で任意のコードを実行されるおそれがあるという。

問題の脆弱性は、bogus.jpの東内裕二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。すでに同ソフトはサポートが行われておらず、利用停止が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2014/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性