Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、PC不正操作検知時に部屋へ閉じ込める入退室システム

大日本印刷は、機密情報へのアクセス権限を持った内部関係者による情報漏洩を防ぐソリューションを開発し、10月より販売開始する。

同製品は、データの不正な持ち出しなど、「特権ユーザー」による不正操作を監視するソリューション。同社子会社のインテリジェイトウェイブが開発する監視ソフト「CWAT」と、非接触ICカードを活用した入退室管理システムで構成されている。

入退室時に、ICカードでユーザー認証を実施。室内での端末操作をCWATが常時監視し、操作履歴を保存。情報漏洩のおそれがある不正操作を検知した場合は、退室を禁止して管理者への通報する。

システムの導入費用は、最小構成で300万円から。カードリーダーの設置工事費用は含まない。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
国内組織で「HIDDEN COBRA」のマルウェアを観測 - ファイルサイズは約150Mバイト
「攻撃遮断くんサーバセキュリティタイプ」に遮断IPが追加不能となる脆弱性
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工