Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、PC不正操作検知時に部屋へ閉じ込める入退室システム

大日本印刷は、機密情報へのアクセス権限を持った内部関係者による情報漏洩を防ぐソリューションを開発し、10月より販売開始する。

同製品は、データの不正な持ち出しなど、「特権ユーザー」による不正操作を監視するソリューション。同社子会社のインテリジェイトウェイブが開発する監視ソフト「CWAT」と、非接触ICカードを活用した入退室管理システムで構成されている。

入退室時に、ICカードでユーザー認証を実施。室内での端末操作をCWATが常時監視し、操作履歴を保存。情報漏洩のおそれがある不正操作を検知した場合は、退室を禁止して管理者への通報する。

システムの導入費用は、最小構成で300万円から。カードリーダーの設置工事費用は含まない。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
「Salesforce」で設定不備、外部アクセスにより情報が流出 - JICA
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
「Exchange Server」への攻撃が拡大 - MSが侵害確認スクリプトを公開
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン