Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅配便利用者向けサイト「クロネコメンバーズ」で不正ログイン

ヤマト運輸の宅配便利用者向けサービス「クロネコメンバーズ」のウェブサイトが、不正アクセスを受けたことがわかった。

20140926_yh_001.jpg
不正ログインが発生した「クロネコメンバーズ」

特定のIPを発信元としたパスワードリスト攻撃を受けたもの。9月26日の時点で約19万件に対してログインの試行が行われ、1万589件のアカウントで不正にログインされたという。

ログインされたユーザーは、IDや氏名、電話番号、性別、郵便番号、住所、メールアドレス、利用端末の種類など閲覧された可能性がある。

同社によれば、9月25日に攻撃へ気が付き、発信元IPからのアクセスを制限した。今回の攻撃に関し、同社で使用されていないアカウントが多数含まれていたことから、同社以外のサービスから漏洩したアカウント情報によるパスワードリスト攻撃であると説明している。

同社では、個人情報を不正に閲覧された可能性のあるユーザーのアカウントに関してはパスワードをリセットし、個別に連絡を取る。また利用者に対し、他サービスと同じパスワードを利用せず、定期的にパスワード変更したり、推測できるパスワードを避けるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
公式アプリで不正ログイン被害、PWリセットを実施 - ハードオフ
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
読売新聞オンライン、アカウント2070件に不正ログインの疑い - 試行や失敗の増加も
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
オンライン書店「honto」で不正ログインの可能性
電子書籍ストアに不正ログイン - 外部でPWなど入手か