Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iOS向けブラウザ「jigbrowser+」に脆弱性 - 修正版が公開

jig.jp製のiOS向けブラウザ「jigbrowser+」に、「同一生成元ポリシー(SOP)」が回避される脆弱性が含まれていることがわかった。

同ブラウザのウェブページの読み込み処理に脆弱性「CVE-2014-5318」が含まれていることが判明したもの。JavaScriptの実行時に、「同一生成元ポリシー(SOP)」が回避され、本来アクセスできない異なるドメイン上の情報を取得されるおそれがある。

影響があるのは、「同1.8.1」で以前のバージョンも含まれる。同社では、App Storeで脆弱性を解消した「同1.8.2」の提供を開始している。

今回の脆弱性は、ディー・エヌ・エーの杉山俊春氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2014/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
WordPress向けSEOプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性の連鎖、「Nagios」の集中管理環境全体が掌握されるおそれ
「ISC DHCP」に脆弱性、クライアントとサーバのいずれも影響
ウェブサーバ「nginx」に脆弱性、アップデートが公開