Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、同社関係者を装う架空請求メールに注意喚起

ラックは、同社の関係者を装った架空請求メールを複数確認しているとして注意を呼びかけている。

コンテンツ運営会社の代理などとして、ラックの従業員を装い、架空請求を行うメールが確認されたもの。指定した電話番号へ連絡し、料金の支払う意志表示を示さないと、身辺調査や訴訟を提起するなどとして不安を煽り、電話するよう誘導する内容だった。

問題のメールには、「個人情報保護法による法律上の兼ね合いから本人確認をする」などと、一見もっともらしい説明が記載されており、騙されて電話をかけると、架空の料金請求を受けるだけでなく、個人情報などを取得され、悪用されるおそれもある。

ラックでは、こうしたメールと一切関係がないとし、身に覚えのない請求を受けた場合は、指定された電話番号へ連絡をせず、消費者生活センターなどへ相談するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
カスペ、落語でセキュリティを啓発 - 動画を公開
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
「違法画像を見た違反金を支払え、ただしiTunesカードで」 - 警察庁装う詐欺サイト
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
トレンド、小学生と保護者対象の夏休みセキュリティ教室を開催