Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けた「My JR-EAST」がサービスを再開

JR東日本が会員向けに提供しているIDやパスワードの共有サービス「My JR-EAST」が不正アクセスを受けて停止していた問題で、同社は16日午後、サービスを再開した。

同社では、9月10日3時ごろから翌11日11時ごろにかけて、1152万件のアクセスを検知し、一部利用者で不正ログインの被害が発生したため、サービスを中断。サービスの再開を一時アナウンスしたものの、その後利用できない状態となっていた。

同社では、サービスを再開するとともに、パスワードの使い回しや、予測しやすいパスワードを避けるよう利用者へ注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2014/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃