Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチ4件でで脆弱性42件を修正 - 検知回避に利用されるゼロデイ脆弱性を解消

日本マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新プログラム4件を公開した。あわせて42件の脆弱性を修正している。

20140910_ms_001.jpg
8月の月例セキュリティ更新プログラム(表:日本マイクロソフト)

深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」のプログラムは「MS14-052」の1件のみ。「Internet Explorer」の累積的な脆弱性に対応したもので、修正した脆弱性は37件に及ぶ。適用優先度についても、3段階中もっとも高い「1」に設定されている。

修正された37件のうち、「CVE-2013-7331」については公開済みで、限定的ながらも積極的にゼロデイ攻撃へ利用されているという。

同脆弱性は、情報漏洩が発生する脆弱性で、悪用されるとローカルドライブ上に保存されたファイルが推測されるおそれがある。他脆弱性を狙った攻撃をしかける際に、セキュリティ対策ソフトや「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」の導入状況を把握し、それらの検出を回避するために悪用されているという。

のこるプログラム3件は、いずれも深刻度「重要」。「MS14-053」では、「.NET Framework」におけるサービス拒否の脆弱性を解消。「MS14-054」では「Windowsタスクスケジューラ」において特権が昇格する脆弱性を解消した。

また「MS14-055」では、サービス拒否が生じる「Lync Server」の脆弱性に対応した。同更新プログラムには、既知の不具合が報告されているため、適用時に注意が必要となる。

(Security NEXT - 2014/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性