Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西のフレッツ回線名義やID騙し取るフィッシング - 追加認証情報が狙いか

NTT西日本の顧客向けサイト「Club NTT-West」を装ったフィッシング攻撃が確認されている。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

同協議会によれば、確認されたフィッシングサイトでは、同社のブロードバンドサービスである「フレッツサービス」における「申し込み内容」の確認などに見せかけ、郵便番号や回線名義、回線ID、顧客IDなどを騙し取る。

5日夕方の時点でフィッシングサイトが稼働しているため、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。同様の攻撃に注意を促すとともに、類似した攻撃を見かけた場合は、同協議会へ情報提供してほしいとアナウンスを行っている。

攻撃について調査を行ったソフトバンク・テクノロジーのシニアセキュリティエバンジェリストである辻伸弘氏は、今回狙われた「顧客ID」「回線ID」といった情報は、正規サイトのログイン認証時にアカウント情報にくわえ、追加で入力が求められる情報であると指摘。

攻撃者が、すでに何かしらの方法でIDとパスワードのリストを入手しているものの、「顧客ID」「回線ID」といった情報が不足していることから、フィッシングサイトを設置し、情報を収集している可能性もあると分析。リストが洗練され、名寄せが進んでいる可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意