Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMB市場向けクラウド型書類保管サービス - 三井倉庫ビジネスパートナーズ

三井倉庫ビジネスパートナーズは、中堅や中小企業向けにクラウド型の書類保管サービス「三井倉庫のスマート書庫」を提供開始した。当面は関東地区を対象にサービスを展開し、順次全国に拡大するという。

同サービスは、注文から取り出しまでウェブで手配するクラウド型の書類管理システム。外部倉庫に書類を預け、一元管理できる。

料金は、預け入れ時に1箱あたり500円。月額保管料は1箱100円。書類の取り出しは無料で行うことができる。

(Security NEXT - 2014/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン